読書。

14 ottobre 2007

ロクデナシと云う名の果実。

本日、生まれて初めて“おひとりさま”で映画を見てきました。

伊坂幸太郎原作の『アヒルと鴨のコインロッカー』を。

【此処から先ネタバレ有】

原作を忠実に映画化するのは本当に難しい事だと思うので
双方を比べてとやかく云うのは無粋かもなのですが。

兎に角この映画は最高でした♡♡
最大のポイントは『河崎とドルジの映像化』だと思うんですが
原作の雰囲気を壊さず、大胆かつ巧妙に再現されていたのが印象的でした。

細かい事を云えば
シッポサキマルマリとか
レッサーパンダ姉弟とか
是非盛り込んで欲しかったエピソードはちょこちょこあるんだけど。

キャスティングも絶妙で
濱田岳君の本当に大学1年生らしい大学1年生っぷりとか
松田龍平の華麗なジョーダンバットさばき(違う)とか
いちいち素敵で独りで悶絶してました。

でもやっぱり一押しは瑛太の『ソウデスネ。』♡
いわゆる、“キュン死”と云うものを体感しました。

伊坂作品は今後も続々映画化するみたいで楽しみです。
次は奥村が一番好きな『死神の精度』で♪
映画は『sweet rain』と云う副題?がついてますが。
どうせつけるなら『Accuracy of Death』が良かったなぁとか
勝手に考えてますがロゴが可愛いから良いや。

来春公開までにはもうちょっと伊坂教の信者を増やして
脱“おひとりさま”が出来るようにちょこちょこ布教していきたいと思います。

| | Commenti (0)

03 febbraio 2007

愚図に効くクスリ。

最近こんな本を衝動買いしました。

Guzu_2

どんなグズもなおる本―17タイプ別グズ解消法

時々欲しくなるんです。
こういう啓発本の類が。
読んだ所で未だに部屋は汚いし可愛い女には程遠いし、
ちっちゃいことにクヨクヨするんですけどね

何はともあれ、愚図と呼ばれて2X年、
筋金入りの愚図が治るのならば…と思い読んでみました。

此の本によると愚図にも色々と種類が有るらしく。
遅刻グズ、ボーッとグズ、のろまグズと細かく分類されるのですが
その殆どに当て嵌まってしまい改めて自分の救い様の無さを痛感しました。

タイトルに有る通りどんな愚図も治る様な
具体的な方法も多く提示されています。

しかし
・やるべき事をリストアップする。
・前日迄に支度をする。
・隙間時間を利用する。
等々愚図な上に面倒臭がりの奥村には
なかなか困難な事ばかり。

それでも今年は少しでも愚図を改善出来る様
ちょっとずつ頑張っていこうと思います。
取敢えず遅刻癖を治すトコから始めよう。

2007年は人様に迷惑を掛けない人間に成りたいです。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

日々徒然。 | 甘味。 | 読書。 | 音楽。